プロジェクトの概要

日立市自動運転プロジェクトでは、市民の皆さんにこれから実現が期待される自動運転車両に体験乗車する機会を提供します。このプロジェクトに参加して、市民のみなさんが乗車し、肌で感じたことをフィードバックしてもらうことで、自動運転技術がバスに採用された時に、より親しみ易く安心して利用できるサービス作りに役立てたいと考えています。

日立市には全国でも珍しい専用道路空間を走るBRT(Bus Rapid Transit)があります。日立市BRTでは専用の道路空間によって、バスと一般車両や人が混在しないことで、自動運転技術を一般道路よりも安全に導入することが期待されています。日本だけでなく、世界においても自動運転バスがいち早く導入される場所として日立BRTは期待されています。

今回の体験乗車では、最先端の自動運転技術を搭載したバスに乗車してもらう乗車体験とより便利な未来のアプリサービスの二つを体験して頂けます。自動運転技術を搭載したバスへの試乗では、数多くのセンサーが捉える周囲の状況を、人工知能が解釈し、自ら判断して走行するシーンを見て頂けます。開発する技術者から直接説明を受けることで、実現しつつある技術を目の当たりにできます。またスマートフォンのアプリを通した便利なバスサービス体験では、専用のアプリが乗車から降車までをきめ細かにサポートしてくれます。アプリは自分専属のコンシェルジュのように役立ち、これまでの公共交通とは異なる新たなバスの利用体験ができることでしょう。

しかし一方で人が運転しないことへの漠然とした不安、車内トラブルにどのように対処されるのかといった疑問も思い浮かぶと思います。こうした体験を乗車後に実施するアンケートで伝えてもらうことで、技術をより改善する方向性が見えてくることになります。
 本プロジェクトでは、こうした技術開発に市民の皆さんが参加することで、技術やサービスへのフィードバックの期待、新しい技術への理解や興味の醸成を行うことを目指しています。  最後に本プロジェクトは、経済産業省および国土交通省の事業 1 を受託した、産業技術総合研究所や日立市などが協力をして実施しています。 (詳しくはこちらを参照ください。)

MENU
CLOSE